タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔ボクシング〕タイ人ボクサーと熱戦を演じた小松則幸選手が事故死

グリーンツダジム所属のプロボクサー小松則幸選手が、4月13日に滋賀県大津市内の山中の滝壷で死亡しているのが発見されました。

戦績を飾るためかタイから無名選手が呼ばれ、全く白熱しないタイ人x日本人の試合が多く組まれる中、小松選手は毎年日本でタイ人と真剣勝負を繰り広げてくれる数少ないボクサーでした。

今年2009年、1~3月の3ヶ月間に日本でタイ人ボクサーの試合は28試合行われましたが、成績は1勝27敗(21KO)です。(※28試合中2試合はタイ人x外国人ボクサーの対戦)
その値千金の1勝は2月8日に大阪でラタナポン・ソーウォラピン選手が小松則幸選手から挙げたものです。

これからも日本でタイ人ボクサーとの熱戦を期待したかっただけに今回の事故はとても残念ですが、これまでのタイ人ボクサーとの数々の試合に感謝すると共に、小松則幸選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


小松則幸選手とタイ人ボクサーの主な対戦(Wikipediaより)

2003年5月5日
パノムデット・オーユタナコーン x 小松則幸 ○ (5RTKO)
2005年1月29日 「WBC世界フライ級タイトルマッチ
ポンサクレック・クラティンデーンジム x 小松則幸 ● (5RTKO)
2007年2月12日
ワンミーチョーク・シンワンチャー x 小松則幸 ○ (8RTKO)
2008年1月5日
スリヤー・クロンパジョン x 小松則幸 ● (10R判定)
2008年4月28日
ユーシ・ウアウサンパン x 小松則幸 ○ (10R判定)
2009年2月8日
ラタナポン・ソーウォラピン x 小松則幸 ● (1RTKO)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。