タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔バドミントン〕タイ人選手は準々決勝で敗退

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

大阪府守口市民体育館で開催中の「大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会」は、大会3日目の4月3日に各種目の2回戦に引き続き準々決勝が行われました。

タイ人選手は6人(組)が準々決勝に進出しましたが、ダブルスは2種目掛け持ちの選手が多く1日4試合戦い、しかも続けて試合が組まれていることがほとんどだったため、疲労は隠せず全員敗退しました。


2009年4月3日(金)準々決勝の試合結果

男子シングルス 準々決勝
Pakkawat Vilailak 1-2 Shon Wan Ho ○ (11-21・23-21・21-15)

女子シングルス 準々決勝
Porntip Buranaprasertsuk 0-2 Kim Mon Hi ○ (12-21・12-21)

男子ダブルス 準々決勝
Patiphat ChalardchalaemNuttaphon Narkthong 1-2 小松崎佑也 & 垰畑亮太 ○ (21-10・19-21・18-21)

女子ダブルス 準々決勝
Savitree AmitrapaiVacharaporn Munkit 1-2 福万尚子 & 高橋沙也加 ○ (18-21・21-17・21-14)

混合ダブルス 準々決勝
Patiphat ChalardchalaemSabitree Amitrapai 1-2 Hsieh Yu Hsin & Chien Yu Chin ○ (22-20・12-21・19-21)
Maneepong JangjitRodjana Chuthabunditkul 0-2 橋本博且 & 内藤真実 ○ (20-22・12-21)


タイ選手団は4月4日には奈良観光や大阪市内でのショッピングを楽しみ、5日のタイ国際航空便で帰国しました。
またタノンサック選手とポーンティップ選手は韓国での大会に出場するため、6日にソウルに向けて日本を後にします。
タイ選手団


タイ人選手以外の試合については大阪府バドミントン協会のホームページをご覧ください。
大阪インターナショナルチャレンジ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。