タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔ボクシング〕17歳のティラポーン選手がいよいよ世界に挑戦(さいたま)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

11月29日(日)にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング(宮田ジム主催)に、3人のタイ人ボクサーが出場します。

セミファイナルの「WBC女子世界アトム級タイトルマッチ」では、17歳のティラポーン・パンニミット選手がチャンピオン小関桃選手(青木ジム)に挑戦します。

これは日本でJBC公認後初の女子世界タイトル戦となった昨年の試合において、小関選手がウィンユー・パラドーンジム選手を破った際のバッティング疑惑で、ウィンユー選手との再戦を義務付けられていたものの、その後タイで行われた国内戦で当時16歳のティラポーン選手がウィンユー選手を破ったため、ティラポーン選手が小関選手に挑戦することになったものです。
規定により日本に招聘するボクサーは17歳以上でなければならないため、ティラポーン選手が17歳になるのを待ってタイトル戦が実現しました。

両者は2年前に一度対戦し小関選手が判定勝ちしていますが、15歳当時と17歳の現在ではパワーも技術も全く違うと思われますので、ティラポーン選手のベルト奪取に期待したいものです。


2009年11月29日() 16:30~ さいたまスーパーアリーナ

モクル・ギラルアングレンスパン x 粉川拓也(宮田ジム)
ゴンタワット・シットサイトーン x 大久保雅史(青木ジム)

WBC女子世界アトム級タイトルマッチ
ティラポーン・パンニミット x 小関桃(青木ジム)

※選手の都合などにより出場選手・対戦カードなどが急遽変更になることもあります。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。