タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔キックボクシング〕サムラーンデッド選手が新王者に!(東京)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

12月4日(金)に東京・後楽園ホールで行われたキックボクシング「BREAK THOROUGH-14 ~突破口~」(MA日本キックボクシング連盟主催)に,タイ人ボクサー2選手が出場しました。

第15試合のダブルメインイベントⅡ,「WMCフェザー級王者決定戦」では,元ラチャダムヌン3階級王者のサムラーンデット・モー・ラーチャパットジョームブン選手が,チャンピオンの駿太選手(谷山ジム)をTKOで下し,新チャンピオンになりました。
また第14試合の,「ダブルメインイベント」では、ラジャダムヌンウェルター級王者デンヤソー・シットサイトーン選手が,WBCムエタイ日本スーパーライト級王者の山本佑機選手(橋本道場)をTKOで破りました。

12月4日(金) 東京・後楽園ホール
「BREAK THOROUGH-14 ~突破口~」

○ デンヤソー・シットサイトーン x 山本佑機(橋本道場) ● (TKO 3R1分37秒)
WMCフェザー級王者決定戦
○ サムラーンデット・モー・ラーチャパットジョームブン x 駿太(谷山ジム) ● (TKO 4R0分43秒)


タイ人選手以外の対戦結果などは,主催者ホームページをご覧ください。
MA日本キックボクシング連盟

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。