タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔ムエタイ〕サーサー選手が防衛・タイ日対決は4勝1分

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

11月8日(日)に東京・ディファ有明でおこなわれたスタレントネットワークスプレゼンツ M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ2009「Yod Nak Suu vol.4」に、7名のタイ人ボクサーが出場しました。

WPMF世界女子フライ級チャンピオンのサーサー・ソーアリー選手は、J-GIRLSフライ級王者でもある挑戦者のグレイシャア亜紀選手(フォルティス渋谷)を5ラウンドの末判定3-0で下し、防衛に成功しました。
サーサー・ソーアリー
サーサー選手(画像提供:M-1MC興行部)

タイの実力者同士の夢の対戦となったメインイベントのノンオー選手(元ルンピニーバンタム級・Sバンタム級・フェザー級王者)xトライジャック選手(プロムエタイ協会フェザー級王者)の一戦は、5ラウンド戦った末、判定2-0でノンオー選手が勝ちました。


2009年11月8日() 東京・ディファ有明
「Yod Nak Suu vol.4」
ピンペット・ソー・トーサポン x 威幸 ● (2RTKO)
クンタップ・ウィラサクレック x 我龍真吾 ● (5RTKO)
カノンスック・ウィラサクレック x 壮泰 ● (5R判定)
デーンチャイ・シットオー x 藤原あらし △ (5R判定)

WPMF世界女子フライ級タイトルマッチ
サーサー・ソーアリー x グレイシャア亜紀 ● (5R判定)
ノーンーオー・シットオー x トライジャック・シットジョームトライ ● (5R判定)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。