タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔ボクシング〕サーカイ選手が急死

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

讀賣新聞他は,
12日午後4時半頃,福岡県宗像市の「宗像ユリックス」で行われたボクシング,日本バンタム級7位の仁木一嘉(FUKUOKAジム)選手と対戦したタイ人のサーカイ・ジョッキージム(ซาไก จ๊อคกี้ยิม 本名ソムブーン・ウィアンチャイ)選手(19)がTKO負けした直後に意識を失い,病院に搬送されたが約3時間後に死亡した。宗像署によると死因は頭部に衝撃を受けたことによる急性硬膜下血腫という。同署によると,最終10回の開始1分後,ロープにもたれかかり,レフェリーストップで試合が終了した直後に倒れ込んだという。日本ボクシングコミッションによると,サーカイ選手は3月,世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級元王者の辰吉丈一郎と対戦し,TKO勝ちした。
と報じております。
また,タイ本国の一般紙,タイラット(ไทยรัฐ)でも,実家のウドンターニー県のご両親が報に接した記事を報じております。

サーカイ選手の急死に接し,謹んでお悔やみ申し上げますとともに,心からご冥福をお祈りいたします。

讀賣オンライン

タイラット紙

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。