タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔ムエタイ〕タイ人2選手が王座陥落

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

9月13日(日)に東京・デイファ有明で行われたキックボクシング「M.I.D Japanプレゼンツ M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ2009 Yod Nak Suu vol.3」 (M-1MC主催)に、5人のタイ人ボクサーが出場しました。
そのうちワンロップ・ウィラサクレック選手と女子ボクサーのパヤックイン・シットニワット選手の両チャンピオンが防衛戦を行いましたが、共に判定で敗れベルトを譲り渡しました。


2009年9月13日() 東京・デイファ有明
「M.I.D Japanプレゼンツ M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ2009 Yod Nak Suu vol.3」
ウィラチャート・ウィラサクレック x 板倉直人 ○ (延長R判定)
バンク・フェアテックス x ファビアーノ・サイクロン ○ (3R判定)
ナルポン・フェアテックス x クリストフ・プルボー ● (3R判定)

WPMF世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
パヤックイン・シットニワット x 神村江里加 ○ (5R判定)
WPMF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
ワンロップ・ウィラサクレック x 藤原あらし ○ (5R判定)


タイ人選手以外の試合結果・大会詳細などは、ウィラサクレックムエタイジムのホームページをご覧ください。
ウィラサクレックフェアテックスムエタイジム

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。