タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔ボクシング〕タイ人ボクサー3選手は全員敗れる(沖縄)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

3月28日(日)にテルヤダイヤモンドホールで行われたボクシング「琉球拳闘伝8」(琉球ボクシングジム主催)に,タイ人ボクサー3選手が連続して登場しましたが,残念ながら3連敗でした。

3月28日() 15:00~ テルヤダイヤモンドホール

「琉球拳闘伝8」
第4試合 フェザー級8R
● ワッチャラポン・ギャットプラパット x 屋富祖裕信 (琉球ボクシングジム) ○ (3R TKO)

第5試合 スーパーフライ級8R
● ゴンタワット・シットサイトーン x 池原龍次 (琉球ボクシングジム) ○ (8R 判定)

第6試合 スーパーフェザー級8R
● ファーサンハン・ポーラースア x 小谷将寿 (琉球ボクシングジム) ○ (2R TKO)


詳細につきましては,主催者ホームページをご覧ください。
http://ryukyu-boxing.com/

スポンサーサイト

〔ボクシング〕タイ人ボクサー2選手とも敗北(仙台)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

3月28日(日)にZEPP仙台で行われたボクシング「Sライト級6回戦 全日本新人王後第1戦(凱旋試合)」(新日本木村ボクシングジム主催)のメインイベントに,タイ人ボクサーのフォンピサン・シスサイソン選手が登場,菊地祐輔選手と対戦しましたが,1ラウンドTKO負けを喫しました。また,ラジャクル・ルングワッタナ選手も判定負けの結果に終わりました。

3月28日() 16:30~ ZEPP仙台

「Sライト級6回戦 全日本新人王後第1戦(凱旋試合)」
第8試合メインイベント スーパーライト級6R
● フォンピサン・シスサイソン x 菊地祐輔 (新日本仙台ボクシングジム) ○ (1R TKO)

第7試合 フェザー級6R
● ラジャクル・ルングワッタナ x 健太郎マイモンコンプロモーション (TI山形) ○ (6R 判定)


詳細につきましては,関係ホームページをご覧ください。
http://ameblo.jp/sinnihonsendai/

〔ボクシング〕ポンサクレック選手が正規王座奪還(東京)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

3月27日(土)に有明コロシアムで行われたボクシング「WBC世界フライ級王座統一戦」(MGプロモーション IMS主催)に暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(พงศกร วันจงคำ)選手が王者亀田興毅選手と対戦しました。
ポンサクレック選手が終始亀田選手に主導権を渡さずに判定勝ち,亀田興毅選手に初黒星をつけるとともに,見事WBC世界フライ級正規王者に返り咲きました。


また,当日はWBCトリプル世界戦で,「WBC世界ミニマム級タイトルマッチ」に,現王者のオーレドン・サクサマーチャイ(โอเล่ห์ดง ศักดิ์เสมอชัย)選手が現在同級3位の黒木健孝選手と防衛戦を行い,判定により勝利,見事WBC世界ミニマム級王者防衛を果たしました。


3月27日() 16:00~ 有明コロシアム

「WBC世界フライ級王座統一戦」 12R
○ ポンサクレック・ウォンジョンカム(พงษ์ศักดิ์เล็ก วันจงคำ) (WBC世界フライ級暫定王者) x 亀田興毅 (亀田ジム WBC世界フライ級暫定王者) ● (判定 2-0)

「WBC世界ミニマム級タイトルマッチ」 12R
○ オーレドン・サクサマーチャイ(โอเล่ห์ดง ศักดิ์เสมอชัย) (WBC世界ミニマム級王者) x 黒木健孝 (WBC世界ミニマム級3位) ● (判定3-0)

スーパーウェルター級 8R
● ラチャーン・シットサイトーン x 吉田真 (宮田ボクシングジム) ○ (4R 2分19秒 KO)


詳細等につきましては,関係ホームページをご覧ください。

http://boxing.dtiblog.com/blog-entry-1706.html

〔ボクシング〕オーレドン選手が王座防衛成功(東京)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

3月27日(土)に有明コロシアムで行われたボクシング「WBC世界ミニマム級タイトルマッチ」(MGプロモーション IMS主催)に,現王者のオーレドン・サクサマーチャイ(โอเล่ห์ดง ศักดิ์เสมอชัย)選手が現在同級3位の黒木健孝選手と対戦,防衛戦を行いました。
33戦33勝(12KO)の戦績を誇る王者オーレドン選手は,判定により勝利,見事WBC世界ミニマム級王者防衛を果たしました。5度目の防衛成功となります。

また,当日はWBCトリプル世界戦で,「WBC世界フライ級王座統一戦」に暫定チャンピオンのポンサクレック・ウォンジョンカム(พงศกร วันจงคำ)選手がチャンピオン亀田興毅選手と対戦,見事WBC世界フライ級王者に返り咲きました。

3月27日() 16:00~ 有明コロシアム

「WBC世界ミニマム級タイトルマッチ」 12R
○ オーレドン・サクサマーチャイ(โอเล่ห์ดง ศักดิ์เสมอชัย) (WBC世界ミニマム級王者) x 黒木健孝 (WBC世界ミニマム級3位) ● (判定3-0)

「WBC世界フライ級王座統一戦」12R
○ ポンサクレック・ウォンジョンカム(พงษ์ศักดิ์เล็ก วันจงคำ) (WBC世界フライ級暫定王者) x 亀田興毅 (亀田ジム WBC世界フライ級暫定王者) ● (判定 2-0)

スーパーウェルター級 8R
● ラチャーン・シットサイトーン x 吉田真 (宮田ボクシングジム) ○ (4R 2分19秒 KO)


詳細等につきましては,関係ホームページをご覧ください。

http://boxing.dtiblog.com/blog-entry-1706.html

〔ボクシング〕ダチャポン選手はKO負け(静岡)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

3月21日(日)に清水マリンビルで行われるボクシング(三津山ボクシングジム主催)に,タイ人ボクサーのダチャポン・ゴーキャットジム選手が出場,ススム浅沼選手と対戦しましたが,KO負けを喫しました。

2010年3月21日() 13:00~ 清水マリンビル

第7試合 10回戦 フェザー級
● ダチャポン・ゴーキャットジム x ススム浅沼 (三津山ボクシングジム) ○ (KO 2R0分43秒)

結果につきましては,日本ボクシングコミッションホームページをご覧ください。
http://www.jbc.or.jp/result/201003.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。