タイ王国ナショナルチーム日本応援団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔バレーボール〕男子代表が今年も来日(福岡)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

「第22回アジア太平洋カップ福岡国際男子バレーボール大会」が6月18日(金)~6月20日(日)の期間,福岡市民体育館にて行われます。
出場国はタイ(ナショナルチーム)のほか,日本(全日本ユニバ男子チーム),韓国(ユニバシアード候補チーム),中国(ジュニアナショナルチーム)の4チーム。総当たり戦で優勝を競います。

タイの試合日程は下記のとおりです。

6月18日(金)
16:00~ 韓国対タイ

6月19日()
14:00~ 中国対タイ

6月20日()
15:00~ 日本対タイ



詳細は、大会ホームページをご覧ください。
http://mitsports.p1.bindsite.jp/apc2010main-site.html

スポンサーサイト

〔ゴルフ〕タイ人ゴルファー2選手の結果(愛知)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

ゴルフの「第51回 中日クラウンズ」が4月29日(木)~5月2日(日)の期間,名古屋ゴルフ倶楽部和合コース(パー70)にて行われました。
タイ人ゴルファーは,キラデーク・アピバーンラット(กิรเดช อภิบาลรัตน์ / Kiradech Aphibarnrat)選手と,プラヤド・マークセン(ประหยัด มากแสง/Prayad Marksaeng)選手の2選手が出場しました。

アピバーンラット選手は16位タイ,マークセン選手が28位タイでホールアウトしました。


(第51回 中日クラウンズの結果)

16位タイ -1 キラデーク・アピバーンラット (66,70,69,74)

28位タイ +2 プラヤド・マークセン (68,70,71,73)


第51回中日クラウンズの詳細は、大会ホームページをご覧ください。
http://hicbc.com/special/crowns/

〔モータースポーツ〕ラタパーク選手出場予定試合が延期(栃木)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

4月23日(金)から25日(日)まで,栃木県のツインリンクもてぎで「2010 MotoGP 世界選手権シリーズ第2戦 日本グランプリ」が開催の予定でした。
しかしながら,アイスランドの火山噴火による航空機関欠航の影響により,参戦ライダー・チーム関係者の移動が困難となったため,10月1日(金)~3日(日)に延期となりました。
この試合には,Moto2クラスに,タイ人ライダーのラタパーク・ウィライロー(รัฐภาคย์ วิไลโรจน์)選手(Thai Honda PTT SAG)が出場の予定でした。


大会の詳細などはのツインリンクもてぎのホームページをご覧ください。
http://www.twinring.jp/motogp/release

〔エアロビック〕タイ人3選手が出場(東京)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

エアロビクスの世界大会「スズキワールドカップ2010第21回世界エアロビック選手権大会― FIGワールドシリーズ東京国際 ―」が4月17日(土)・18日(日)の両日行われ,タイ人選手3選手が出場しました。
女子シングルスでは,NGAMPEERAPONG, Roypi選手が決勝に進出,5位に入りました。


4月17日()(予選)の結果
(女子シングル部門)
4位NGAMPEERAPONG, Roypi 19.650(=予選通過)
(芸術点:8.200 技術点:8.250 難度点:3.200)
16位JOENGKLINJAN, Pavika 16.900(=予選落ち)
(芸術点:7.050 技術点:7.400 難度点:2.450)


4月18日()(決勝)の結果
(女子シングル部門)
5位NGAMPEERAPONG, Roypi 19.900
(芸術点:8.050 技術点:8.400 難度点:3.450)

(ミックスペア部門)
6位PIMPA, Nattawut & NGAMPEERAPONG, Roypi 19.550
(芸術点:8.400 技術点:8.100 難度点:3.050)


大会の結果などは日本エアロビック連盟のホームページをご覧ください。
http://www.aerobic.or.jp/contest/suzukiworld/outline.html

〔バドミントン〕タイ人選手は2回戦までに全敗(守口)

We cheer team Thailand in Japan タイ王国ナショナルチーム日本応援団

4月7日から大阪の守口市民体育館で開催された,「OSAKAインターナショナルチャレンジ2010バドミントン選手権大会」に,男女各3選手の計6選手のタイ人選手が出場しました。
4月8日の本戦から出場した各選手ですが,4月9日までに全選手が敗退しました。


4月8日(木)の試合結果
10:00~ (混合ダブルス1回戦)
○ マニーポン・ジョングジット(Maneepong Jangjit) & ロジャナ・チュタブンディックル(Rodjana Chuthabunditkul) 2-0 川口佳介 & 小椋しのぶ ● (21-5 21-11)
● ニピットフォン・プアンプアペット(Nipitphon Phuangphuapet) & ソイクハイムック・ホンチューキート(Soikhaimuk Hongchookeat) 0-2 鈴木知道 & 後藤佳代 ○ (12-21 21-23)


15:20~ (男子ダブルス1回戦)
● ボディン・イサラ(Bodin Isara) & マニーポン・ジョングジット(Maneepong Jangjit) 0-2 黒瀬 尊敏 & 松澤 龍徳 ○ (13-21 17-21)
○ ニピットフォン・プアンプアペット(Nipitphon Phuangphuapet) & ティン・D・キャバレス(Tin D.Caballes) 2-1 櫻井勝仁 & 中村寿史 ● (11-21 21-9 21-9)


17:20~ (女子ダブルス1回戦)
● ロジャナ・チュタブンディックル(Rodjana Chuthabunditkul) & ソイクハイムック・ホンチューキート(Soikhaimuk Hongchookeat) 0-2 田村千秋 & 今別府靖代 ○ (17-21 10-21)


4月9日(金)の試合結果
10:00~ (混合ダブルス2回戦)
● マニーポン・ジョングジット(Maneepong Jangjit) & ロジャナ・チュタブンディックル(Rodjana Chuthabunditkul) 1-2 堂本克樹 & 藤原由衣 ○ (21-18 8-21 15-21)

12:40~ (男子ダブルス2回戦)
● ニピットフォン・プアンプアペット(Nipitphon Phuangphuapet) & ティン・D・キャバレス(Tin D.Caballes) 2-1 潘家祥 & 洪英源(中華台北) ○ (8-21 15-21)

大会の結果どは日本バドミントン協会ホームページをご覧ください。
http://www.badminton.or.jp/2010/osakaic/draw2010.pdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。